お米のかわにし|安心できるお米をお届けするさぬきのお米屋

お米のかわにし

HOME > お米のかわにしとは

お米のかわにしとは

space2.gif

お米のかわにし誕生秘話(笑)

01.jpg明治生まれの繁太郎爺が、川西家に婿入りしたのが大正の初め頃。
手先の器用な繁太郎爺は、現在の場所に当店の前身になる「川西饅頭店」を興しました。
田舎町の饅頭屋は、当時近所の子供達の戯れ詩になる程、
愛されたと聞いております。

勤勉だった繁太郎爺は、戦時中に村から「お米の配給所」になる事を命ぜられ、昭和17年 川西饅頭店は、川西米穀店となりました。


02.jpg
昭和17年からのお米屋稼業、当然浮き沈みはございましたが、
おかげさまで、今日まで商売を続けさせて頂いております。
現在は、3代目と4代目(見習い中)が商いに奮闘中です。

space2.gif

ところで、どんなお店なの?

正直に申しまして、どこにでもある? 「愛想の良い街のお米屋さん」でございます。 
が、「東洋一お客様と共に盛り上がるお米屋!」を目指してたりもします。

02.gif

space2.gif

じゃあなんで、お米のかわにしで買うの?

いいご質問をありがとうございます。
正直、今の時代、美味しいお米は当たり前。お安いお米はどこにでも売ってますね。
農家さんから直接お米を買う事もできますし、インターネットで全国どこからでもお米は買えます。
じゃあ、何で「お米屋のかわにし」から買うの?
なにしろ「東洋一お客様と共に盛り上がるお米屋」を目指してますから、
event.jpgお米を買って頂くだけではなく、
タイムリーで「クスッ」と笑える瓦版やなんとも意外なお助け情報、
いい旅夢気分的な情報やこぼれ話、
年数回の「時間を忘れるようなイベント」、時々うれしいプレゼント、
時には軽いお悩み解決など、あの手この手で一緒に盛り上がって頂きます。
勿論、無理強いは致しませんのでご安心を。

お米屋さんだから、扱ってるのはお米だけでしょ?

これまたいいご質問をありがとうございます。
せっかくだから、お米以外の商品でも盛り上がろう!と、
当店の密かなキャッチフレーズは「ちょっとした食のセレクトショップ」です。
ちょっと珍しくて、ちょっと美味しい物。
こんなのあるの!的な物を取り揃えております。

03.gif

space2.gif

突然ですが、

haitatsu.jpgお客様の声 「お米は重いから、配達してくれると助かるわぁ~」
女性や高齢者の方々にとっては、例え5キロといえどお米は重いものですので、近隣のお客様につきましては、玄関先までの配達料は無料とさせて頂いております。

 *無料配達地域:
  綾歌郡綾川町全域・高松市国分寺町・高松市香南町・高松市岡本町
  高松市円座周辺・坂出市南部地域・丸亀市綾歌町


お米のかわにし(有限会社川西商店)

kawanishi.jpg

住所 : 香川県綾歌郡綾川町陶4160-9
定休日 : 毎週日曜日
営業時間 : 8:00〜20:00
電話 : 087-876-0328‎   FAX : 087-876-2548
E-mail : banto@okomenokawanishi.com
URL : http://www.okomenokawanishi.com/